"BLUE PIANO" 2005



“BLUE PIANO” 2005

高橋アキとのコラボレーション。2台のピアノをコンピューターにつなげ、ドレミファソラシの音階(PIANO)をそれぞれラファシミドソレ(MIDI)に変更して有名なクラシックやビートルズ、タンゴを演奏。同じメロディが違う音階に聞こえる。美術館内には萩野が作成した111個のソファが置かれた。

コンサート中、聴衆はホールの中を歩く事ができた。ホール、通路、ギャラリー内、美術館の外部には14のスピーカーとホールで生演奏が見えない聴衆のために4台のモニターが設置された。ホールでは、変更されたMIDI音、外部では、普通のPIANO音が聞こえる。通路、ギャラリー内においては、二つの音が混ざったものが聞こえた。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s